中国の茶葉

中国の茶葉の生産は、紅茶だけにのみならず、緑茶・ウーロン茶のほかにもさまざまな種類があります。

地理的な条件や水の違いなど、地域に適した茶の製法や飲用方法が取られているからと言われています。

中国というのは茶の木の発祥地でもあり、紅茶の生産に適した茶樹は現在では交配を重ねて作られたものですが、もともとは中国種です。

また、いわゆる緑茶の「釜炒り茶」をはじめとして昔から製茶技術にも優れ、広大な国土の中で、独特の茶文化を育んできたのがこの中国であります。

生産量全体でみると紅茶は全体の4分の1を占めますが、国内消費は非常に少なく、ほとんどが輸出向けとなっています。

紅茶としての品質は、セイロン茶・インドのダージリン茶やアッサム茶に比べると、やや劣ると言われますが、独特のクセのある香りが特徴的です。

アールグレイと言われる、ベルガモットの香りをつけた着香茶がありますが、インド茶やセイロン茶のアールグレイはあまり美味ではありません。

中国茶をベースとしたものが特においしくいただけます。

このページの先頭へ