水のはなし

まず最初に、紅茶を入れるにはどんな水を使えばよいか、ということについて考えてみたいと思います。

紅茶の香りや味は、その水質によって大きく左右されるということは言うまでもありません。

紅茶に適しているのは「軟水」です。

ミネラルウォーターですと、中身が硬水のもの(ヨーロッパの水など)も多いので、気をつけてチョイスして下さい。

硬水には、カルシウムやマグネシウムが含まれており、そのせいで、色が黒ずんだり、香りも弱くなります。

また、舌にざらつく感触が残ります。このような理由で、紅茶には硬水は適していません。

国内の水道水は軟水が多いですので、そのままのもの、もしくは浄水器に通したもので十分です。

その際の注意点ですが、水道水には「空気」が含まれています。

これが、紅茶を入れる時のおいしさを引き出すもとになっていると言われています。

ですので、汲み置きや二度沸かしやポットの水はあまり好ましくありません。

また、「沸騰させ続けた湯」を使うよりは、「沸騰したばかりの湯」を使う方が、香りも引き立つと言われています。

このページの先頭へ