ティーポット

紅茶を入れる時は、普通ティーポットを使います。

紅茶の美味しさは、茶葉が湯の中を回り、十分に蒸らされることで決まります。

そのために、ティーポットが不可欠であるといえます。

茶葉は狭い場所に入れると、せっかく湯を注いでも動き回ることができません。

ティーポットを使うことによって、熱い湯の中を元気に動き回ることにより、旨みが抽出されるわけです。

形については、ずんぐりとした少し丸い形のものがベストと言われています。
丸みがあれば、急須や土瓶などでもけっこうです。
高価なものを使う必要はあまりありません。

また、ポットを選ぶ時は、必要な容量にあわせたサイズを選ぶことも重要です。

大は小を兼ねるということで、大きなポットで2カップ分しか作らないなどというのは、好ましくありません。

一人で紅茶を楽しむ時には、ティーカップ2杯分のポットを選ぶのがよいでしょう。

その場合に必要な湯は、約360~380mlになります。

湯をどのあたりまで入れればよいか、あらかじめ目安をつけておくことが大切です。

このページの先頭へ