ホットミントティーの入れ方

ラベンダー、ミント、ローズマリーなどハーブ系の香りを楽しむ紅茶も人気です。

ハーブには鎮静効果を始め、さまざまな効能があると言われています。
バスに入れたり、お菓子や料理などにも使われるなど利用方法はさまざまです。

とりわけ、ミントの持つすがすがしい香りは、紅茶によく合いますので、ぜひ一度は楽しんでいただきたいティーの一つでもあります。

1)やかんに水を入れよく沸かす。

2)温めたティーポットにドライミントをティースプーンで3分の1程度入れる。

3)茶葉を5g、ティーポットに入れる。

4)ティーポットに380~400mlの湯を一気に注ぎ、そのまま3分間蒸らす。

5)軽くティーポットの中をスプーンでかき混ぜる。

6)茶こしを使ってティーカップに移し替える。

ミルクとの相性もグッドです。
好みでミルク・砂糖を入れてください。

最近では人工的に香りをつけた、いわゆるフレーバーティーと言われるものがあります。
手軽ではありますが、香りが不自然で人工的な味が口の中に残ってしまうものも多く、あまりおすすめできません。

このページの先頭へ