アイスレモンティーの入れ方

アイスティーのさわやかさを一層ひき立てるのがレモンの存在です。

前に書きましたが、ホットティーではレモンはあまり入れない方が、紅茶本来の風味が残ってよいのですが、アイスの場合は爽快さを引き立てる効果があります。

夏の暑い日にはおすすめです。

1)ケトルに水を入れよく沸かす。
  水の量はホットで入れる時の半分の量にします。
  (1人分で160~180ml)

2)茶葉をティーポットの中に入れる(5g)。

3)ティーポットの中に沸騰した湯を入れ、約3分間蒸らす。

4)クラッシュドアイス(砕いた氷)をグラスの6~7分目まで入れて、レモンスライスを乗せる。

5)そこにポットの紅茶を上から一気に流し込む。

6)軽く混ぜながら氷を追加する。

基本的にはアイスティーと同じですが、アイスレモンティーをうまく作るポイントは、レモンスライスの上にポットの熱い紅茶を流し入れることです。
ただの飾りではなく、レモンスライスの風味をうまく生かすことがコツです。

レモン汁を使うこともありますが、香りが強すぎてせっかくの紅茶の風味が落ちてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

このページの先頭へ